NEW ENTRIES

芭蕉とニーチェ

己れを空しくして自然を余程観察しなければあんな俳句は出て来やしません。だけども芭蕉のとった態度は決して客観主義というものではないでしょう。芭蕉は自分の態度を風雅と名づけました。彼に言わすと、風雅というものは、造化に従い四時を友とすというのでしょう。己れを空しくして、いろいろな思想だとかに煩わされないで自然の姿が友となって現れて来る。そういう境地は易しくはないのです。
(小林秀雄『歴史の魂』)

ヨーロッパ近代にとって、ニヒリズムは必然的である。そのために人々はこの虚無感を打ち消そうとして、神、道徳、真理、相対主義、デカダンといった、さまざまな反動的理想形成を試みる。これに対してニーチェは、世界にどんな超越的な意味も存在しないということをいったんはっきりと認めよと言う。そして、「あるがままの世界に対して、差し引いたり、除外したり、選択したりすることなしに、ディオニュソス的に然りと断言する」ようにと。
(竹田青嗣『ニーチェ入門』)

BASHO AND NIETZSCHE

Unless you empty oneself and closely observe nature, one cannot compose haiku’s like Basho’s. However, Basho’s perspective is in no way objectivism. Basho called his perspective fūga. According to him, the fūga perspective is to accept the world as it is and befriend with the four seasons (i.e. appreciate everything that fleets). Only by completely emptying oneself, one can free oneself from various ideologies and directly interact with the four seasons. This is not an easy perspective to attain.
(from The Soul of History by Hideo Kobayashi)

In modern Europe, Nihilism is a necessity. To combat against this feeling of emptiness, people attempt to formulate various reactive ideals, such as God, morality, truth, relativism, and decadence. On the other hand, Nietzsche proposes to eliminate the refuge found in reactive ideals by decisively affirming that there is no transcendental meaning in the world; “to cross over to a Dionysian affirmation of the world as it is, without subtraction, exception, or selection.”
(from Introduction to Nietzsche by Seiji Takeda)

NEW PHOTOS

DSC_0031

50mmと11mmのレンズをポケットに入れて、二回写真を撮りに行きました。一回目は秋のおわりの地元の大学(UBC)の庭園で、庭園が開く10時に合わせて出ていって、撮りました。何年か前からいつかしようと思っていたんですが、秋冬はこの庭園平日しか開いていないんですね。二回目は先週冬休みにはいってすぐ、天気がよかったので、近所の波止場に写真を撮りに行こうということになりました。じつは、この波止場はバルコニーから観えて、ライトアップされているのを見ていて、行こうと思い立ったんですね。でも、その日はライトアップされていなくて、でもまあライトアップまえとライトアップ後の写真が撮れてちょうどいいタイミングかもしれないと行ってみたんですが、一時間たってもライトアップされなくて、一時帰宅しました。バルコニーからときどきライトアップされたかなと様子を伺っていたんですが、ぜんぜんそんな気配がないので、うーん、じゃあちょっと足を延ばして、車でべつの波止場に写真を撮りに行こうということになりました。途中で小雨が降りはじめて、まあ小雨くらいだったら、雨でいろいろなものが反射していいなと思っていたんですが、波止場でまじめに撮り始めたら、雨足がつよまって、けっこうたいへんでした。車で帰宅途中に近所の波止場の横を通ったんですがライトアップされていなくて、よかったなあという感じでその晩の撮影を終えました。というのが、ちょっとさむくて、はやくシャワーを浴びてあたたかくなりたいなと思っていたんですね。ライトアップされていたら、うーん、しかたないなあという感じで、写真を撮っていたと思うんですね。

With 50mm and 11mm lenses in my pocket, I went out to take photos on two occasions. The first one was at UBC Japanese Garden at the end of Autumn. I got to the garden as it opened at 10. I had been meaning to take photos there in Autumn for years, but during Autumn (and Winter), the garden is only open on weekdays. The second photo-shoot was last week at the neighborhood waterfront. I can see the waterfront from my balcony, which was lit up with extra lights. I could see from the balcony it wasn’t lit up yet, but I thought I’d take photos of before and after, so I went and took photos and waited for the area to be lit up. It didn’t happen, so I decided to wait in the apartment, but it still didn’t happen, so I thought I’d go to another waterfront by car. Rain started to fall on the way to the waterfront, and by the time I started to take photos, it got harder. Rain usually brings about good photo opportunities, and it is rather rare for me to be taking photos in the rain, so I had to stay and take photos. I am pretty happy with the photos. On the way back home, I drove by the neighborhood waterfront which was still not lit up. Had it been lit up, I guess I would have had to take more photos well into that evening.